title

ENGLISH

ENGLISH

Cindy English Club

Even Miracles take a little time.    ---Cinderella  

Step by Step
希望 激変する英語教育と家庭学習の大切さ


「楽しい」そして「おもしろい」からこそ、子供たちは学びを深めていき「英語」という底知れない豊かな泉を知っていきます。その泉に子供たちが近づこうととするときに、手を貸し、励まし、より学びやすい方向を示してあげることができるのはお母さんです。

Cindy Englishu Club は、お子さんから英語の事を質問された時にキチンと正しく答えられるようにお母さんに児童英語の教え方をお教えするクラブです。

監修:児童英語インストラクター 広永泰子


お母さんのための児童英語教授法

希望 This is the

”English Language Coaching Manifesto For Mother"

「お母さんのための児童英語教授法」

小学校における英語教育の本格化

小学校英語教育が2020年より小学校5年生から教科化され、さらに開始時期が小学3校年生からと前倒しとなります。小学生のお子さんの学習は、学校に任せているだけではなかなかうまくいきません。特に英語は初めての科目ですので家庭での学習がまず基本となります。
家庭での学習をいかに充実させるかが成績に大きく影響します。
お母さん! お子さんから英語の事を質問されたときにキチンと正しく答えることができますか?

学校教育と家庭学習

 子供が英語を学習していく方法と大人が学習していく方法とは、子供と大人の脳の発達の違いや、理解力・分析力の違いによりおのずと異なるものがあります。子供には子供に適した方法で英語を教えていかなくては子供たちはただただ勉強が苦痛でしかありません。子供の性格や成長の具合を的確に把握し進めていくことが大切なことです。そしてそれができるのは紛れもなくまずお母さんです。だからこそ児童教育における家庭学習の大切さがいわれるのです。
しかし、だからと言って、学校教育で英語教育が本格的に始まる以上、学校で教わる方法と家庭で教わる方法が大きく異なっていても子供は一体どちらに従えばよいのかと悩み混乱するばかりです。
そこで、子供がどのように学校で英語を習っているのかをお母さんはしっかり知る必要があると考えます。そして、それは子供とともに英語を学んでいくことであり、お母さんにとっても大きな楽しみとなることでしょう。

学習の基本

希望 学習するのにあたって最も大切なことは、わからないことをわからないままにせずにひとつひとつ解決していって次に進んでいくことです。特に英語は言語の中でも非常に論理的な言語ですので積み重ねがとても大切です。


               

希望 英語でわからないことがあった時に家庭でお母さんがすぐに答えてくれることが子供にとってはとても心強く、お母さんを尊敬するきっかけとなり、また自慢でもあります。
子供に尊敬され自慢されるお母さんって素敵ですよね!

               

高まる児童英語教育の熱

英語と日本語はそもそもの言語の成り立ち方が異なりますので英語には英語の学習の仕方があるということを頭においてお母さんは子供に教えていくことが必要です。
そうでないと、いくら小さい時から英語を学習しても常に日本語を前提としての英語となり、いつまでたっても真に英語を話せるようにはなりません。
これでは、今の大人の日本人たちが長い間引きずってきた・・・歴史的に引きずってきたといってもよいくらい・・・のと何ら変わらない結果となってしまいます。
文部科学省が、小学校の英語教育を強化することは、いろいろな意見があるにせよこれからのグローバルな世界を考えると避けられないものと思われます。児童期から学校で英語を学習することはとても良いことだと思います。

華やぎ 英語が母国語でない他の国の英語の学校教育の開始時期をみてみるとフランスが小学校1年生から、ドイツが小学校3年生から、中国では都市部が小学校1年生から・地方が小学校3年生から、韓国では小学校3年生からとなっており、日本が小学校3年生から英語教育を開始するということは決して早すぎるということはありません。

PHONICS(フォニックス)について

  • 可憐

    英語圏の子供が英語を習得するときに使う 
    PHONICS(フォニックス) 
    という特別な学習方法

  • 友情

    Yes がいいに決まっていますよね!
    しかし、なぜ、長い間 Yes にならないのでしょうか?

<PHONICS(フォニックス)って何?>
PHONICS(フォニックス)とは、英語圏で子供たちが行っている英語のつづりと発音の関係を学ぶ学習方法のことをいいます。つまり、つづりと発音を一致させる発音訓練法のことです。
英語圏以外に生まれた私たちは、英語圏にさえ生まれれば何もしなくても英語がいつの間にか話せたり、聞けたり、読めたり、書けたりすると思いがちです。しかし、そんな事はないのです。
確かに英語圏に生まれれば、生まれた時からいわゆる英語漬けですので、耳からは毎日いやというほど英語は入ってきます。そして、小さな赤ちゃんも一言、二言でも言葉を(英語を)発していきます。そして3-4歳になるころには相当数の言葉を発することができるようになってきます。しかしながら、その言葉はあくまでも赤ちゃん言葉の英語であり、これから先大人になって社会の中で生きていくための正しい英語(正しい自国語)とは、ほど遠いのです。
これは日本語の場合を考えれば、すぐにわかることかと思います。
日本語でも小学校に入る前から日本語はしゃべることはできるようになっています。しかし、その言葉がそのまま大人の言葉かというとそうではなく、発声の仕方やリズム、間の取り方や文字と言葉のつながりなどやはり学ばなくてはいけないことが多くあります。そうであるので、小学校に入ると日本人であっても「あえいうえおあお」の練習から始めていくわけです。そうやって赤ちゃん言葉の日本語から社会でも通用する大人の正しい日本語を習得し、話せるようになり、また読めるようになっていくわけです。
英語圏でもこれは全く同じです。
英語圏の子供たちも英語の発声の仕方やリズム、スピードやつづりと発声のつながりを学んで英語を習得していくのです。この時のつづりと発音を一致させる訓練方法が フォニックス なのです。
すなわち、フォニックスは音声の世界と文字の世界を結ぶ橋のようなもので英語圏の子供たちはこの
フォニックスの橋をわたることでそれまで耳で覚えた単語を文字で確認し、正しい英語を発音できるようになり、また英語を読めるようになるのです。
この訓練をしないと英語圏の子供たちにとっても英語の単語は単なるアルファベットの連続でしかないでしょう。
すなわち、英語圏の子供たちも何にもしなくても英語を話せるのではなくフォニックスで訓練して話せるようになるのだということです。この辺りは、日本では長い間誤解されてきています。生まれたときから英語の中にいれば自然に当然に英語が喋れるようなる、だから英語の環境の中にいれば英語は習得できるのだなどと長い間いわれ続けています。しかし、それは間違いです。それだけでは決して英語を満足に話せるようにはならないのです。英語の習得ではこのフォニックスによる学習方法が特に重要です。英語の習得でこのようにフォニックスが特に必要とされるには、実はある一つの理由があります。

<日本語と英語の子供における習得の違い>
英語の習得においてフォニックスが特に必要とされる一つの理由に日本人の子供と英語圏の子供の自国語の習得の違いがあります。
日本語の場合、ひらがな、カタカナ、漢字があります。そしてまず子供はひらがな、カタカナから覚えていきます。このひらがな、カタカナは、表音文字といわれ一文字一文字は音を表すだけで文字字自体に意味はありません。例えば、「あ」は、音が「あ」であるだけであり、「あ」自体になんの意味もありません。しかしこれが単語となるとその単語は意味を表すようになります。例えば「あい」は「愛」「合」「藍」など。しかしその時でも「あ」は「あ」、「い」は「い」です。これを英語で見てみましょう。
英語の場合、アルファベットはやはり表音文字です。すなわち、「A」「B」「C」はあくまでエー、ビー、シーという音でありそれ自体には意味はありません。しかし、これが単語となった場合はどうでしょう。例えば、「BAG」、アルファベット読みですと 「ビーエージー」です。しかし、果たして「ビーエージー」とは何でしょうか?!
ここが日本との違いです。先程の日本語の「あい」の例のように日本語の場合、表音文字をつないで単語を作っても表音文字のまま意味を成しました。しかし、英語は違うのです。アルファベットという表音文字のままでは単語は意味をもたないのです。「ビーエージー」ではなく、「バッグ」といわなければ鞄の意味(バッグの意味)にはならないのです。すなわち、アルファベットをいくら覚えても単語は読めないのです。読めない上にさらにアルファベトは、たったの26文字しかありませんので、この26文字を組み合わせて単語を作るため、その組み合わせはかなり複雑となっています。
このように英語圏の子供にとって自国語である英語を習得すことは非常に難しいものとなっているのです。このことは、日本人の子供が本を読み始める時期と英語圏の子供が本を読み始める時期を比べるとよくわかります。
日本人の子供はひらがなで本を読み始めますが、先程のように表音文字のままで読むことができますので早くから子供向けの本を読むことができます。4-5歳にはもう読めるのではないしょうか。ところが英語圏の子供の場合、ひらがな、カタカナがなく26文字のアルファベットしかありません。大人が読むのと同じ単語を読むわけです。しかも先程のように単語となるとアルファベットの音のままでは意味を全くなさないのでアルファベットの連続を意味を持つものに転換させる訓練が一つ必要になります(これがフォニックスです)。すなわち、英語圏の子供が本を読むといいことはかなりハードルが高いのです。フォニックス訓練後の大体7-8歳で本をやっと読めるようになるといわれています。
このように英語圏では、英語を習得するのにフォニックスは必須のものなのですが、日本では子供の英才教育をしているところではずいぶん前から取り入れられていますが、その他ではほとんど扱われていないのが現状です。日本でも児童英語にはフォニックスが取り入れられて当然であろうと思われます。

<日本人にとってのフォニックスの意義>
ォニックスを学ぶことで英語の発音や文字(つづり)を学べます。
また、英語のルール(特色)もわかってきます。
長い間日本の英語の勉強に仕方は、常に英語と日本語をならべて日本語と同じように英語を理解しようとするやり方が主流でした。しかし、英語を身につけるには 「英語→日本語→英語」ではなく日本語を介さない 「英語→英語」の思考回路を作ることが重要です。フォニックスは、「英語→英語」の思考回路を育てるにも役立ちます。

※2013年に文部科学省が、小学3年生から英語教育を開始する方針を固めました。
2011年から公立小学校の5,6年生において必須となっていた「外国語活動」としての小学校英語を正式に教科に格上げし、さらに開始時期を現在の小5から小3に前倒しするというものです。
これは、初等教育の段階からグローバル化に対応した教育を充実することで世界の中で戦える人材を育成することが狙いです。東京オリンピックが開催される年の2020年には実施される予定です。
これに関しては、従来の文法と読解中心の教育からコミュニケーション中心の教育にシフトされていくとは思いますが、日本語と英語の言語のそもそもの作り方の違いを判らないままに進めていっても、果たして自由に英語を操れる真の国際人になれるかは疑問です。フォニックスによる学習方法もなされないままかも しれません。しかし、フォニックスという学習方法を知っているのとそうでないのとでは意識の中で相当の違いが出てくるのではないかと思いあえてフォニックスについて紹介をさせていただきました。

ご参考になれば幸いです。